ビジネス

働き方改革が叫ばれているのは、製造業においても同じです。「日常的な業務だけでも手いっぱいだ」と叫びたくなる状況は、どの製造現場でも同じでしょう。しかし、政府が働き方改革を推進せんと訴える背景には、将来の深刻な労働力人口不足や、そのため急がれる生産性の向上などの課題があるのです。 特に、製造業においては世代交代の時期を迎えています。次世代に続くイノベーションと ...

ビジネス

日本企業のIT化は世界的に見て遅れていると言われています。今やテクノロジーの進化はめざましく、IT化に遅れをとってしまっては産業上著しく不利になってしまうでしょう。この記事では、日本企業のIT化が遅れている原因やIT化のポイントについて解説します。 日本企業のIT化が遅れている理由 日本企業は世界的に見てIT化が遅れていると言われています。その理由としては、 ...

システム開発

現代は業務が複雑化し、人の手で業務改善を行うには限界があります。しかし、近年発展が目覚ましいテクノロジーの恩恵を受けられれば、大幅な業務効率化も可能となりました。 今は数多くの専用システムがリリースされており、導入すれば数々のメリットをうけることができます。しかし、システムの導入には費用がかかるため、場合によっては導入することで経営にマイナスの影響を及ぼして ...

ビジネス

人手不足は日本経済全体の問題であり、将来的にはますますその深刻さが増すことが懸念されています。政府も、将来の人手不足に対する対策を次々と発表しています。 例を挙げれば、「労働生産性の向上」や「女性・シニアの労働者の雇用拡充」「外国人労働者の雇用」「企業の副業解禁」など様々な対策を打ち出していますが、それらは、近い将来に日本が迎える深刻な人手不足を解消せんがた ...

システム開発

現代はインターネットやテクノロジーの発展により、さまざまなシステムやツールがリリースされています。それらを効果的に活用すれば、多くの面で業務の効率化を図れるでしょう。 しかし、システムを導入したことによって被害が発生する可能性もあります。何事もメリットだけでなくデメリットがあるのは当然ですが、事前にどのようなリスクがあるのかを把握することで、有効な対策に繋が ...

業務効率化

コストを削減するには、どのような方法を取れば良いのでしょうか。コストは「かかるもの」ではなく「かけるもの」だという考え方もあり、利益を出したいがために必要な経費までカットするのは間違っています。今や、テクノロジーの力を借りてコスト削減を図る方法もあります。 この記事では、コストの種類やそれぞれにおけるコスト削減の進め方、新しいコストカットの方法などを紹介しま ...

業務効率化

「生産性向上」は、近年よく聞かれる言葉となりました。その具体的な定義とは、どのようなものでしょうか。 「業務効率化」もよく聞く言葉ですが、生産性向上とは違った意味で使われているのでしょうか。すべての会社は、売り上げを伸ばし付加価値の高い商品を生産したいと思っています。 そして、会社の将来性までも担保できるようなイノベーションを願っています。それはどのようにし ...

業務効率化

「業務効率化」について考えたことのない経営者、現場責任者はいないのではないでしょうか。 よく聞くムリ・ムラ・ムダの排除は、経費の削減に繋がることは確かでも、どこまでが必要でどこからがムダなのかの考え方でさえ、曖昧です。また、「単にコストを削るだけで会社の売り上げは本当に伸びるのだろうか」という疑問もおありでしょう。 この記事では、業務効率化の基本的な考え方と ...

システム開発

新たな年を迎えてはやひと月。この1年の売り上げ目標は達成できそうですか? 会社の業績アップのためには、目標と同じくらい大事なのが「現状把握」と「課題の明確化」です。 あなたの会社には、何か課題がありますか? 業績アップを阻んでいるものはありませんか? もしあるなら、それが何か明確になっていますか? 会社の課題は「システムの導入」で解決できるかもしれません。シ ...