IT化が遅れている業界はどこ?その理由やIT化のポイントを解説

ビジネス

世の中には上手にITを取り入れ業務効率化が図れている業界もあれば、IT化が遅れていると言われている業界もあります。ITを上手く業務に取り入れることができれば、大幅な業務効率化や生産性の向上が見込めます。

その観点から言えば仕事にITを取り入れない理由はないのですが、何故IT化が遅れている業界があるのでしょうか。この記事では、どのような業界がITに遅れをとっているか、そしてその原因について触れたいと思います。

IT化が遅れている業界

IT化が遅れている業界

まずはIT化(IoT化)が遅れている業界をご紹介します。単に風土や慣習上の理由で遅れているところもあれば、メリットが見込めないという理由もあるようです。

(引用:現代ビジネス

農林・水産業界

農林・水産業界は、比較的テクノロジー化が遅れていると言われています。今後高い成長率が見込める分野ではありますが、現時点でIT化やIoT化の規模が小さく、結果市場価値が低く見積もられているというわけです。

また、農林・水産業界は地方に根ざしているところも多く、それもネックになっています。IT業界は都心に社を構えているところも多く、営業先がどうしても都心中心になってしまいがちと言われています。

その辺りのミスマッチが解消されれば、今後IT化の波が押し寄せるかもしれません。

医療業界

2つ目に上げられるのは、医療・介護業界です。こちらも今後市場の成長が見込める分野ではありますが、それに反してIT・IoT化が遅れていると言われています。

その理由としては、業務の特性上個人情報の扱いが難しいところにあります。IT化やIoT化による業務効率化は魅力ですが、反面取得するデータのセキュリティや保管に頭を悩ませなければなりません。

今後社会が高齢化するに従い需要の増大が見込める業界ですので、テクノロジーを駆使した業務効率化が期待されるところです。

金融業界

最後にご紹介するのは金融業界です。金融業界はIoTと関係が薄いように思われており、そのせいでIT化が進みづらいという特徴があります。

しかし、「フィンテック」という言葉もある通り、金融とテクノロジーは切っても切り離せなくなりつつあります。記憶に新しいところだと「仮想通貨」が例として挙げられますが、そのような形で両者が融合すれば、人々の暮らしはより便利になるでしょう。

金融とIoTという垣根を取っ払い、トータルなビジネスモデルとしてのIT化が期待されるところです。

IT化が遅れている理由

上記でも簡単に触れましたが、IT化が遅れてしまう理由を改めて解説します。業界や会社に下記のような特徴がある場合、IT化が遅れてしまう原因になります。

体質が古い

企業や業界の体質が古いままだと、IT化に遅れが生じてしまうでしょう。今となっては考えられませんが、一昔前にインターネットは存在しませんでしたし、メールもSNSもスマホもありませんでした。

もうインターネットに「新しい技術」というイメージはないかもしれませんが、それでもインターネットをベースとした技術は日進月歩で生まれています。その波をキャッチアップできるか否かが成長力に繋がる面もありますが、いずれにせよ最新技術をキャッチアップするためには柔軟な姿勢が必要です。

企業や業界の体制が古い場合、考え方が凝り固まってしまっているケースもあるでしょう。それでは、「IT化=難しい・分からない」という図式が出来上がってしまい、遅れをとってしまうことになります。

制約が多い

さまざまな制約が多い場合もITが遅れる原因になります。上述した医療業界はその一例であり、個人情報の取り扱いに制約が多いためIT化が遅れていると言われています。

業界や企業には、法令や業界慣習といった守るべきルールが存在します。それを無視してビジネスを行うことはできませんので、制約が多い業界は時にIT化が遅れてしまう形になるでしょう。

費用対効果が見込めない

IT化による費用対効果が見込めない場合も、IT化が遅れてしまいます。この場合はIT化が「できない」というより「する必要がない」と言った方が正しいかもしれません。

何のために業務をIT化するのかという問いには、「業務効率化のため」という答えが適切です。また、さらに言うなら「売上を上げるため」や「利益率を向上させるため」です。

その目的が達成されないことが明確な場合、IT化はただのサンクコストになってしまいます。やってみて初めて「無駄だった」ことが分かるのであればまだいいのですが、最初から「無駄である」ことが分かりきっているのであれば、投資しない方が賢明というものではないでしょうか。

IT化を行うための考え方とプロセス

IT化を行うための考え方とプロセス

では、次にIT化を行うための考え方とプロセスについて解説します。IT化を適切に行うためには、一体どのような点に気をつければよいのでしょうか。

「何のためにIT化を行うのか」を明確にする

IT化に取り組む際は、「何のために行うのか」を明確にしておきましょう。しっかりとした軸があればブレずに取り組むことができ、結果適切な製品選びや利益率の向上に繋がりやすくなります。

IT化を行うことによる大きな目標は、「業務効率化」になるでしょう。大切なのは、そこで終わらせるのではなく、「どのような業務を効率化したいか」「どのようなワークフローを構築したいか」までを想定することです。

小さな指針を明確にすればするほど、取り組み自体は容易なものになるでしょう。

専門家に相談する

IT化について専門家に相談するのも好ましい方法です。ITの分野は専門性が強くかつ細分化されているため、自社のみでは思わぬミスを招いてしまうかもしれません。

特に注意したいのは、ネットワークセキュリティの分野です。導入されたシステムはインターネットを介してデータをやり取りするものも多く、セキュリティが甘いと攻撃者の侵入を許してしまう可能性があります。

そうなると、自社のみならず取引先や顧客にも大きな迷惑をかけてしまうでしょう。セキュリティに自信がない場合、ベンダーなどの専門家にしっかりと相談した上でシステムの構築を行うことをおすすめします。

運用のシミュレーションを行う

最後に挙げられるのは、運用シミュレーションです。IT化の際に新しいシステムを導入するケースも多いですが、その際は事前の運用シミュレーションをおすすめします。

新しいシステムの導入は、どうしても現場の混乱を招きがちです。混乱をゼロにすることはできませんが、事前に適切なシミュレーションを行っていれば混乱の度合いを減少させられるでしょう。

そうすればシステムが現場に馴染む時間を短縮でき、早期に成果が出やすくなります。反対に、いきなり複雑なシステムを導入すると、現場の反感を買いIT化の失敗に繋がってしまうかもしれません。

まとめ

IT化が遅れている業界としては、「農林・水産」「医療・介護」「金融」などが挙げられます。理由はそれぞれに異なりますが、「体質が古い」「制約が多い」などが主だったものになるでしょう。

ITを業務に上手く取り入れることができれば、非常に大きなメリットがあります。しかし、専用のシステムを導入するにもコストがかかるため、失敗すれば無駄な投資をしてしまうことになります。

IT化のポイントをしっかりと見極め、適切なシステムの運用を行いましょう。