ビジネス

営業における生産性を上げるためには、一体どのような方法が有効なのでしょうか。生産性の高い営業を行うことができれば、かかるコストやリソースに対して大きな結果を得ることができます。 この記事では、営業における生産性の意味や、生産性向上のための方法をご紹介します。効率のよい営業活動を行い、業務の最適化を図りましょう。 営業における生産性とは? 営業における「生産性 ...

ビジネス

日本生産性本部は、1981年より「労働生産性の国際比較」を調査し発表しています。OECDや世界銀行などのデータに基づいて作成されるこの資料は、日本の労働生産性の低さを裏付ける資料として毎年各方面から注視されています。 日本の労働生産性は決して高くないだけでなくG7の中では最下位であるという事実は、衝撃をもって報道されています。また、高い労働生産性を誇る国々に ...

ビジネス

「従業員満足度」という言葉を聞いたことはありますか? 言葉の意味は分かっても、「従業員満足度」とはどのように算出するのでしょうか?いま、従業員満足度が企業の業績に与える影響に対して注目が集まっていますが、もし会社の従業員満足度が低い場合は、どのような対処をすれば改善できるのでしょうか。 この記事では、従業員満足度の算出方法と改善方法、また実際に従業員満足度が ...

ビジネス

従来の日本社会ではサービス残業が当たり前であり、それをもって会社への貢献と見なしている節がありました。しかし、現代においてサービス残業を行っている会社は、潜在的に大きなリスクを抱えていると言っても過言ではありません。 この記事では、サービス残業を容認することによる会社への影響について解説します。合わせて残業を抑制するための方法を事例つきでご紹介します。 サー ...

ビジネス

働き方改革は、人手不足が加速する状況への対策として「労働生産性の向上」を掲げています。しかし、労働生産性とはそもそも何を意味し、どうやって計算するのでしょうか。また、生産性を語る時に「付加価値」や「労働分配率」といった指標も良く耳にしますが、これらも何を意味し、どうやって計算するのでしょうか。 この記事ではこれらの疑問を解決し、労働生産性を向上させた製造業の ...

ビジネス

日本における全体的な労働生産性の動向を見ると非常に低く、アメリカのそれの3分の2にとどまってしまいます。時間当たりの労働生産性は、OECD35カ国中20位になります。このような状態のなかでも、日本の産業を牽引する産業は何でしょうか。また、現在のIoT化など技術革新の時代にあって、産業の将来性のために必要な施策は何でしょうか。 公益財団法人日本生産性本部による ...

ビジネス

「健康経営」という言葉を聞いたことがありますか? 健康経営とは、自社社員を対象に戦略的に実践される健康管理のことです。社員の健康が促進されれば収益にも良い結果が出るという、経営的な考え方がベースになっています。昨今のIoT活用などのイノベーションが、その実施を後押ししているともいえます。身近な企業で実践された健康経営の事例を挙げながら、その意義をまとめてみま ...

ビジネス

2019年4月、働き方改革関連法が施行されました。内容的には残業時間の上限設定、有給休暇の確実な取得などが盛り込まれており、違反すれば罰則が生じるものもあります。働き方改革は日本が抱える労働問題の解決を目指すものですが、経営者の視点から見れば、法令順守の必要性からも業務効率化を目指し、残業時間削減などに取り組む必要が出てきました。 働き方改革によって、現場が ...

ビジネス

会社組織において、「人事」「昇進」「賃金」などを決定する人事評価は大変責任のある業務です。適切な評価制度があってこそ、健全な組織が運営されるからです。評価方法の改良には終わりがなく、経営者であれば年々複合的になっていく評価制度に頭を痛めることもあるでしょう。 この記事では定性評価と定量評価の違いについてと、人事評価システムの導入に成功した事例を紹介します。 ...

ビジネス

深刻な人手不足に突入している日本ですが、中小企業においてはどのくらい深刻なのでしょうか。大企業と比べて大きな状況の違いはあるのでしょうか。人手不足に関しては、企業規模が小さいほど従業員一人の労働が大きな意味を持ちますし、人手不足の状態では生産性向上もなかなか実現しづらいでしょう。 この記事では、中小企業が人手不足と生産性向上にどう向き合うべきなのかを、成功事 ...