ビジネス

日本における全体的な労働生産性の動向を見ると非常に低く、アメリカのそれの3分の2にとどまってしまいます。時間当たりの労働生産性は、OECD35カ国中20位になります。このような状態のなかでも、日本の産業を牽引する産業は何でしょうか。また、現在のIoT化など技術革新の時代にあって、産業の将来性のために必要な施策は何でしょうか。 公益財団法人日本生産性本部による ...

ビジネス

「健康経営」という言葉を聞いたことがありますか? 健康経営とは、自社社員を対象に戦略的に実践される健康管理のことです。社員の健康が促進されれば収益にも良い結果が出るという、経営的な考え方がベースになっています。昨今のIoT活用などのイノベーションが、その実施を後押ししているともいえます。身近な企業で実践された健康経営の事例を挙げながら、その意義をまとめてみま ...

ビジネス

製造業における「人手不足」が深刻化しています。しかし、製造業にきつい労働といったマイナスイメージがつきまとうためか、人手不足はなかなか改善されません。 時は働き方改革の真っ只中、2019年4月に関連法の施行が始まり、製造業も長時間労働の是正などに取り組みはじめています。また、世界的には第四次産業革命が進む中、製造業はIoT化や「モノからサービスへ」をキーワー ...

ビジネス

働き方改革は、長時間労働の是正や雇用の多様化などの命題を掲げて推進されていますが、営業職においてはどうでしょうか?営業職は、働き方改革が進みづらい職種といわれています。 その理由は、まずはノルマやインセンティブの存在です。インセンティブを勝ち取るためなら、残業もいとわない営業職は多いでしょう。次に、顧客との商談のうえで契約が取れるという仕事の性質です。契約を ...

ビジネス

「日本はIT化後進国」。そのようにもいわれますが、IT化は「働き方改革」以降ますます官民をあげて叫ばれるようになりました。IT化による大きな経済効果が見込めるからこそ必要性が叫ばれるのでしょうが、IT化の経済効果とはどれほどのものなのでしょうか。また、働き方改革のキーワードでもある生産性向上のためにも、IT化は大きく推奨されています。IT化が寄与する、生産性 ...

ビジネス

「業務効率化」の目的とは何でしょうか。詳しく後述しますが、「コストを削減」することが業務効率化の目的です。そのためには「ムリ・ムラ・ムダ」の排除が必須なのですが、これは一度きりではなく、ムダが生じる度におこなう必要があり、いわば「永遠の課題」だといわれています。アウトソーシングも業務効率化の方法の一つで、コスト削減につながります。固定費を変動費に変えることが ...

ビジネス

現代はテクノロジーやネットワーク技術の発展により、さまざまな業務をIT化できるようになりました。しかし、中小企業が業務をIT化しようとする場合、いくつかの課題に直面してしまうようです。 この記事では、IT化を行うメリットから中小企業がIT化を行う際の課題、そしてスムーズにIT化するための方法について解説します。適切なIT化に取り組み、業務の効率化を目指しまし ...

ビジネス

世の中には上手にITを取り入れ業務効率化が図れている業界もあれば、IT化が遅れていると言われている業界もあります。ITを上手く業務に取り入れることができれば、大幅な業務効率化や生産性の向上が見込めます。 その観点から言えば仕事にITを取り入れない理由はないのですが、何故IT化が遅れている業界があるのでしょうか。この記事では、どのような業界がITに遅れをとって ...

ビジネス

会社の営業力を向上させるために、有効な方法とは何でしょうか。近年、この質問に対する答えとして「組織営業」という言葉がよく聞かれます。しかし、それは単に大人数化すれば良いということではありません。組織営業の目的は、ノウハウや顧客データを共有することで、有能な営業人員を数倍化したり、営業プロセスを分業化してより効率化することです。 この記事では、データの一元化・ ...

ビジネス

ビジネスの成功には、的確な経営指標と経営分析が不可欠です。日本は国際的に労働生産性が低いといわれるなか、業界別に見れば、製造業は労働生産性の順位が高いことが分かっています。生産性の向上を目指すために、経営指標はどのように算出し分析したら良いのでしょうか。経営指標をどのように経営分析し評価するかは、業界によっても変わってきます。この記事では、製造業における経営 ...