働き方改革に潜む問題点とは?メリット・デメリットと有効な解決策

ビジネス

働き方改革を進める際、さまざまな問題が発生するケースがあります。この記事では、働き方改革の問題点やその解決法、また働き方改革のメリット・デメリットをそれぞれ従業員側・企業側からの視点で解説します。

働き方改革の問題点

働き方改革の問題点

働き方改革には、一般的に見て下記のような問題点が考えられます。それぞれについて見ていきましょう。

労働時間と業務量との兼ね合い

働き方改革の有名な施策として挙げられるのは、「残業時間の上限規制」でしょう。従来のスタイルでは残業時間の上限は一応設けられていましたが、取り締まられるところは全体からみて少なく、有名無実と化していた面も大きかったのではないでしょうか。

働き方改革によりその辺りが明確に規制されたのは、労働者側から見ると喜ばしいことかもしれません。しかし、だからといって必ずしも業務量が削減されるわけではないため、業務量と労働時間のバランスに悩む会社も多々存在します。

業務量を削減すると事業に痛手が生じる、しかし業務量をキープすると残業時間を削減することができない。このようなジレンマが、働き方改革における問題として提起されています。

高プロ制度の是非

働き方改革には高度プロフェッショナル制度(高プロ制度)と呼ばれる施策が存在します。高プロ制度とは、高度な知見を持ち業務を行う一定水準以上の年収を得る人材に対しては労働時間の規制を撤廃するという仕組みです。

高プロ制度に関しては、「多くの年収を貰っているのであれば問題ないのでは?」と考える人も多いかもしれません。もちろんそういう向きもありますが、一口に「高年収」といってもその実態はさまざまであり、せっかく労働時間の上限を設けたのにその本質が見過ごされてしまうのではないかという見方もあります。

その辺りは個々で思うところがあるでしょうが、実際問題として高プロ制度を利用している企業はそれほど多くはないようです。企業側としても、積極的に活用できない理由があるのかもしれません。

参考:朝日新聞 高プロ、導入は約10社どまり 開始1年も利用広がらず

人件費の高騰

人件費の高騰も、働き方改革の問題点として挙げられます。働き方改革の目的の一つに「同一労働同一賃金」がありますが、これは同じ労働をしている場合は正規非正規関係なく同じ賃金を支払いましょうという施策です。

従来のワークスタイルでは、たとえ同じような仕事をしていたとしても正規と非正規の間に賃金格差が生じていたことも少なくありませんでした。それを是正し、正規や非正規といった立場ではなく、欧米のように業務そのものに重点を置いて賃金を決めましょうという動きです。

当施策に従う場合、企業によっては非正規の従業員に支払う賃金が上積みされ、人件費の高騰に繋がる可能性もあるでしょう。

働き方改革のメリットとデメリット

では、次に働き方改革のメリットおよびデメリットについて見ていきましょう。それぞれ、従業員側からの視点および企業側からの視点で解説します。

従業員側からの視点

従業員側から見たメリットとデメリットには、下記のようなものがあります。

メリット

働き方改革により残業時間の罰則つき上限が設けられたため、労働時間抑制に繋がるでしょう。特に、従来超過労働が盛んだった企業ほど是正される可能性が高く、従業員にとってはワークライフバランスの改善が見込めます。

また、有給が取りやすくなるのもメリットです。働き方改革において年5日の有給休暇の取得が義務化されるため、これまで忙しすぎて全く有給が取れなかったような職場でも有給を取ることができるようになるでしょう。

デメリット

一方、デメリットとしては、残業時間の抑制により残業代が減りトータルの収入に影響することが挙げられます。基本給の額が心もとなく残業代で生活をまかなっていた場合はダイレクトに影響を受けることになるため、その点はデメリットと言えます。

また、業務の負担が不公平になるという可能性も考えられます。残業時間の上限が設けられたということは、今まで以上に限られた時間内に業務を終わらせなければなりません。

となると、処理能力が早い人間に業務が集中することは避けられず、不公平な業務配分になってしまうケースもあるのではないでしょうか。

企業側からの視点

次に、企業側から見た働き方改革のメリットとデメリットです。

メリット

企業側から見た働き方改革のメリットは、何といっても生産性の向上です。残業時間の上限が設けられたことにより、従来のような超過労働に頼るスタイルは通用しなくなるでしょう。

「それはデメリットでは?」と思われるかもしれませんが、業務効率化というのはある程度の制約があった方が成し遂げやすい面があります。また、働き方改革に積極的に取り組むことによるブランドの向上、採用力の強化といったメリットも挙げられます。

デメリット

一方、デメリットとしては、やはり労働時間と業務量とのバランスです。うまく効率化して時間内に業務を終わらせることができればよいのですが、それが難しい場合は業務が滞ってしまう恐れもあります。

また、その場合は従業員が業務を持ち帰って処理するケースもあり、労働時間の管理が難しくなってしまう可能性もあるでしょう。加えて、どうしようもない場合に業務量を減らしたり人件費の高騰などによる利益の減少などもデメリットとして挙げられます。

働き方改革の問題点を有効に解決するには?

働き方改革の問題点を有効に解決するには?

では、最後に働き方改革の問題点を有効に解決するためのポイントについて解説します。

助成金や補助金を活用する

働き方改革は国が推進している施策のため、自社でプロジェクトを進めるための助成金や補助金が用意されています。一例として、働き方改革推進支援助成金や業務改善助成金などが挙げられるでしょう。

助成金や補助金にはそれぞれ要件が設けられているため、それに合致しなければ受けることができません。まずはどのような補助があるかを先に調べ、それに沿って働き方改革を進めるのも一つの手です。

ワークフローを見直す

ワークフローを見直すことで業務効率を改善することができ、働き方改革の推進に繋がります。仕事というのはさまざまなタスクが絡みあって形成されており、それぞれに緊急度や重要度といった指標が存在します。

その中から緊急度も重要度も低いものをカットしたり、緊急度と重要度のどちらを優先するかといった判断を行うことで、ワークフロー全体の効率化が見込めるでしょう。ワークフロー全体が効率化されると生産性が向上し、働き方改革の趣旨に繋がってきます。

業務システムを導入し、生産性向上を図る

業務システムを導入することで生産性が向上し、働き方改革の推進に繋がります。どのようなシステムをどこに組み込むかは業務の特性によりますが、大事なのは自社と相性のよいシステムを導入することです。

システムは使われてこそ意味のあるものなので、使いにくいものや業務と合わないものを導入しても意味がありません。現場に浸透させ正しく使われることで生産性向上が見込め、働き方改革に良い影響を及ぼすことができます。

まとめ

働き方改革を進める上でさまざまな問題点も出てきますが、だからといって頓挫させるわけにはいきません。自社の業務特性を鑑み、課題を解決に導きましょう。