ビジネス

「働き方改革」は、日本の将来的な労働力の減少を見越して、効率的な働き方の実現を目指しています。そのために、長時間労働という悪しき慣習が改められようとしています。運送業においても働き方改革は必要です。それどころか、運送業界は最も改善を渇求する業界といえるでしょう。 この記事では運送業を取り巻く課題と、働き方改革に向けた現在の動向を紹介していきます。 トラック運 ...

ビジネス

生産性の向上を目指そうと思ったら、社内の情報共有はうまくできているかを振り返ってみましょう。情報を制すことの重要さは良く知られるところですが、情報共有が円滑になされる環境の構築は、多くの会社の課題となったままです。日本人特有の「あ、うん」の文化も、情報共有の徹底化が芳しくない原因のひとつともいわれています。しかし、その先にある会社規模の拡大や将来性ある人材の ...

業務効率化

「ものづくり」という言葉は日本の製造業を指しますが、同時にその精神性もあらわしています。1980年代以降、いったんは後退した製造業ですが、1990年代以降、自動車産業を筆頭に復活を遂げました。 そして現在は、AIやIoTといったIT先端技術が、新しいものづくりのキーワードになっています。日本の製造業を支えてきたのは中小企業ですが、今は労働人口減少の危機にさら ...

業務効率化

製造業の現場力を向上するためには、業務の「見える化」を行う必要があります。しかし、「見える化」はどちらかというと抽象的な言葉であり、具体的にどのように行えばよいのかが分かりづらいこともあるかもしれません。 この記事では、ビジネスにおける「見える化」について。そして、そのメリットと注意点について解説します。 ビジネスにおける「見える化」とは? 現場力を上げるた ...

ビジネス

働き方改革が叫ばれているのは、製造業においても同じです。「日常的な業務だけでも手いっぱいだ」と叫びたくなる状況は、どの製造現場でも同じでしょう。しかし、政府が働き方改革を推進せんと訴える背景には、将来の深刻な労働力人口不足や、そのため急がれる生産性の向上などの課題があるのです。 特に、製造業においては世代交代の時期を迎えています。次世代に続くイノベーションと ...

ビジネス

日本企業のIT化は世界的に見て遅れていると言われています。今やテクノロジーの進化はめざましく、IT化に遅れをとってしまっては産業上著しく不利になってしまうでしょう。この記事では、日本企業のIT化が遅れている原因やIT化のポイントについて解説します。 日本企業のIT化が遅れている理由 日本企業は世界的に見てIT化が遅れていると言われています。その理由としては、 ...

システム開発

現代は業務が複雑化し、人の手で業務改善を行うには限界があります。しかし、近年発展が目覚ましいテクノロジーの恩恵を受けられれば、大幅な業務効率化も可能となりました。 今は数多くの専用システムがリリースされており、導入すれば数々のメリットをうけることができます。しかし、システムの導入には費用がかかるため、場合によっては導入することで経営にマイナスの影響を及ぼして ...

ビジネス

人手不足は日本経済全体の問題であり、将来的にはますますその深刻さが増すことが懸念されています。政府も、将来の人手不足に対する対策を次々と発表しています。 例を挙げれば、「労働生産性の向上」や「女性・シニアの労働者の雇用拡充」「外国人労働者の雇用」「企業の副業解禁」など様々な対策を打ち出していますが、それらは、近い将来に日本が迎える深刻な人手不足を解消せんがた ...

システム開発

現代はインターネットやテクノロジーの発展により、さまざまなシステムやツールがリリースされています。それらを効果的に活用すれば、多くの面で業務の効率化を図れるでしょう。 しかし、システムを導入したことによって被害が発生する可能性もあります。何事もメリットだけでなくデメリットがあるのは当然ですが、事前にどのようなリスクがあるのかを把握することで、有効な対策に繋が ...

業務効率化

コストを削減するには、どのような方法を取れば良いのでしょうか。コストは「かかるもの」ではなく「かけるもの」だという考え方もあり、利益を出したいがために必要な経費までカットするのは間違っています。今や、テクノロジーの力を借りてコスト削減を図る方法もあります。 この記事では、コストの種類やそれぞれにおけるコスト削減の進め方、新しいコストカットの方法などを紹介しま ...